習い事がある生活

お子様の習い事選び・先生、ママ友とのトラブル体験談など習い事に関する情報が盛り沢山のサイトです

家庭学習はタブレットに限る


12歳の娘がいます。進研ゼミのチャレンジタッチ(4教科)をタブレットで学習しています。費用は12カ月一括払いで65,130円です。電車通学の為、下校時間が遅く、帰宅してから習い事に行くのが大変なので、自宅で出来る勉強法を探してチャレンジタッチにしました。

チャレンジタッチの最大のメリットは、家に居れば隙間時間で勉強ができることです。学校から帰宅しておやつを食べながらや、休日は朝食後のくつろいでいる時に、片手間で学習しています。ログインするとスタンプが押されるなどのタブレットを開くための工夫がされているため、気が付いたらタブレットを開いている良い習慣が出来ています。

最新の話題作なども入っている電子書籍を無料で読むことが出来るサービスや、勉強をすると出来るゲームなどの工夫もされているため、タブレットを開くと勉強に取り掛かれるようになっています。

自分で学習する習慣が身に付いた点は良かったと思います。また、定期的にオンライン提出があり、取り組みに応じて努力賞ポイントが貯まり、景品と交換できるので、欲しい物をチェックして勉強に取り組み提出しています。

一方で、娘は読書が好きなので、本や動画を見始めたら止まらず、宿題に取り組むのが遅くなるので、宿題が疎かになっていることがよくあります。娘も、『勉強をしている』と主張するので、それを鵜呑みにしていつまでも止めさせないでいると、本当は電子書籍を読んでいることがあり、どんどん寝る時間が遅くなります。

睡眠時間のことを考えると、電子書籍はもっと早く切り上げて欲しいですが、一応選定されたもので読書習慣も身についているので、ゲームをして過ごすよりはいいかなと思います。

学校の成績は上位の方ですが、チャレンジタッチが力となっているのかは正直分かりません。ただ、友人のお子さんで、自宅学習をどのようにすれば良いのか分からないと言っている方が居るので、そのことを思うと、自宅学習をするのには取り組みやすく、親のサポートも要らないので、助かっています。

小学1年生の時には、紙テキストでの学習をしていましたが、勉強を始めるまでに時間が掛かり、なかなか取り組みませんでした。タブレットに変更してからは、学習に向かう意欲が増したと思いますので、正解でした。成績を本気で上げたいとの思いがある方には不向きかもしれませんが、学習をする習慣や基本的な学力を身につけさせたいと考えている方には最適だと思います。