習い事がある生活

お子様の習い事選び・先生、ママ友とのトラブル体験談など習い事に関する情報が盛り沢山のサイトです

料理教室に通って人生が大逆転


僕は現在25歳で、職業はフリーランスとして働いています。僕は料理教室に通って人生が変わりました。

料理上手になって女性にモテたい

当時、僕は20歳で広告代理店に就職していました。元々料理に興味があったのですが、家で料理を作ったり料理に関する勉強をしたりはしていませんでした。

そんな時、近所に料理教室があるのを知りました。そこの料理教室は、週に1度日曜日に開かれていました。僕はちょうど日曜日は休みで、いつも暇していたので、良い機会だと思って通うことにしました。

ですが、いざ料理教室に申し込みの電話をしようとすると、1人では決心がつかなくて悩みました。やはり1人では抵抗がありなかなか申し込みができなかったので、友人を誘ってみました。すると、友人はおもしろそう!と興味を示してくれたので、2人で申し込みました。

それから、料理教室初日の日がやってきました。おそるおそる、会場のビルに入ると20人近くの人がいました。驚いた事に、男性の方も何人かいました。年齢的には、僕たちが一番若いように感じました。僕たちは、自己紹介をして料理教室での目標を語りました。

恥ずかしいのですが、僕はそこで『料理が上手くなって女性にモテたいと思います!』と言いました。周りは結構ウケていて、主婦の方たちが爆笑していたのを覚えています。40代の主婦の方たちから、若いのに料理教室に入ってくるなんて、変わってるね〜と言われました。

僕たちは、その日に基本的な材料の切り方や鍋の使い方などを詳しく講師の人に教わりました。なかなか腕がいいと褒められたのを覚えています。それから、毎週日曜は料理教室に通う日が続いて、通ううちになんだか楽しくなってきました。付き合いで来てくれた友人もハマってくれて、通うのが楽しいと言っていました。

それから数日が過ぎ、気づけば僕たちは、普通の主婦のように料理が上手くなっていました。味噌汁や肉じゃが、パスタやオムレツなどたくさんのメニューが作れるようになりあっという間に料理の腕が上達していったのです。

女性社員からの猛アタック

ある時、会社で女性社員に僕が料理が得意だと言うことを伝えると、かなり驚いた様子で料理ができる男の人はかっこいい!と言ってくれました。その女性から、僕は猛烈なアプローチをされて、その女性に僕の料理を振る舞う事になりました。

僕は女性が好きだと言う、カルボナーラを作ってあげると、女性は美味しい!美味しい!と凄く喜んでくれました。それから、その女性とだんだんと仲良くなり、僕は女性から告白をされて付き合うことになりました。

僕は元々、はっきり言ってモテるようなタイプの男ではありませんでしたが、驚くことに会社でも料理ができる男として女性社員からチヤホヤされるようになったのです。通い始めた当初、料理が上手くなって女性にモテたいと言った事は、現実になりました。ただ料理が得意。という特技を持っただけでこんなにも女性にモテるようになり、これからの時代は男性も料理ができるに越したことはないんだな、と感じました。

その女性とは現在は別れてしまったのですが、女性と喋って料理が得意だと言うと、たびたびモテています。僕は、料理教室に通って明らかに人生が変わりました。このような体験から、人生は何がきっかけで変わるかわからないなと思っています。